代表メッセージ

はじめまして、私は行政書士の伊藤真吾(shingo ito)と申します。

当オフィスでは、東京を中心に外国人のみなさまの就労ビザ・永住ビザ・配偶者ビザなどの在留資格に関する支援サービスを行っております。

ご存知日本は、毎年多くの外国人観光客が訪れる観光大国となっていますが、今や観光による経済効果のそれ以上に、外国人の方による日本での就労が重要となっており、それに伴うダイバーシティの尊重も必要不可欠なものとなっています。

このことは今後、ますます超高齢・少子化が加速する日本においては、より多くの分野で生じる課題となることは疑いようがありません。

しかし、そんな日本社会の現状がありながら、VISA・在留資格を必要とする外国人のみなさまにとって、入国管理局への入管手続きは極めて複雑で、面倒となっている現状があります。

なぜ、入管手続きが複雑で面倒なものとなっているのでしょうか。

それは出入国に関する法令目的が日本の平和と安全を確保することが最優先となっているため、やはりどうしても一定の制限が必要であるというやむを得ない理由があります。
しかし、日本にとって外国人の方の力は、必要不可欠な存在となっていることも事実で、この流れは更に加速していきます。

私は、より多くの外国人の方に日本で学んで・働いていただければと思っています。
そして日本人と外国人が共生する社会の一助となれば幸いです。

行政書士 伊藤真吾