超重要書類

こんにちは、行政書士の伊藤です。

昨日は、9時に入管へ着き変更申請を10分ぐらいで終わらせ、そのまま新橋にある依頼者様の法人へパスポートと在留カードをお返しに伺いました。

受理された申請受付表

行政書士が行う取次申請では、原則本人出頭とされている申請や交付の受取を本人に代わって行うことが出来ますが、そのためにはご本人のパスポートと在留カードの原本が必要です。

コピーではなく、原本そのものです。

行政書士は、他の業務でも依頼人の様々な重要な書類等を預かったり、保管したりしますが、その中でも在留外国人のパスポートと在留カードの2点というのは、トップクラスの超重要書類物になるかと思っています。

(他の業務はあまり経験ありませんが・・・ )

そんな超取扱注意の書類物を数日もお預かりするのはいつも慣れないし、保管中も何となくソワソワしております。

(というか、そこは慣れるべきところじゃない)

そんなこんなで、当事務所ではその2点をお預かりしてから、お返しするまで最短となるよう調整をして申請後は、直ちにご本人にお返しするようにしています。

入管(品川)の周辺であれば、そのまま速攻バイクでお届けしたりもしています。

※イメージです。

今回のご依頼はホームページをみていただいた港区にある会社様からでした。

この度は誠にありがとうございました。

またのご利用お待ちしております。

 

 

ご依頼の流れはこちら

料金表とお支払い方法はこちら

 

 

Follow me!

About the author

SHINGO ITO
SHINGO ITO
・Certified Administrative Procedures Specialist(行政書士)
・Immigration lawyer(入国管理局申請取次届出)
・Certified Skilled Worker of Financial Planning(2級FP技能士)
・Personal Information Protection Professional(個人情報保護士)
IT業界で10年間コーディネーターとして幅広く業務を担当。
2016年これまでに得た経験を活かすため行政書士に転身。
その後1年間の下積みを経て行政書士伊藤真吾事務所を開設。
趣味は、深夜の一人映画館と断捨離とバイク。家は小遣い制。
【Affiliation】
日本行政書士会連合会 登録番号 第16081519号
東京都行政書士会   会員番号 第11086号
【Other qualifications】
調理師免許
大型自動車免許
中型自動二輪免許