在留資格【教授】

ここでは外国人が在留資格の【教授】を取得した場合に、日本で行うことができる活動内容、その該当例を紹介します。
また、在留資格【教授】を取得するために必要な書類一式を案内しています。

日本において行うことができる活動内容等

日本の大学若しくはこれに準ずる機関又は高等専門学校において,研究,研究の指導又は教育をする活動。

該当例

大学教授、大学やそれに準ずる機関の講師、高等専門学校などで研究、研究の指導又は教育を行う者

【教授】ビザをとる場合の必要書類 

常勤か非常勤かで2パターンあります。

大学等において常勤職員として勤務する場合

  1.  在留資格認定証明書交付申請書   1通
    → 法務省サイトからDLしてください 
     サイト内2【教授】【教育】を選択
  2. 写真 1葉
    縦4cm×横3cm。写真の注意点はこちら
  3. 返信用封筒 1通
    定形封筒に宛先を明記の上,392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの

以上

大学等において非常勤職員として勤務する場合

  1. 在留資格認定証明書交付申請書  1通
    → 法務省サイトからDLしてください 
     サイト内2【教授】【教育】を選択
  2. 写真 1葉
    縦4cm×横3cm。写真の注意点はこちら
  3. 返信用封筒 1通
    定形封筒に宛先を明記の上,392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの
  4. 大学等又は大学等以外の機関が作成する,申請人の大学等における活動の内容,期間,地位及び報酬を証明する文書 1通

以上

その他留意点

・発行される証明書は全て,発行日から3か月以内のものを用意してください。
・代理人、申請取次者、法定代理人が申請する場合、身分証明書の提示が必要です。
・申請後の審査過程によっては、上記以外の資料を求められる場合もあります。

 

お気軽にお問い合わせください。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム こちらは24時間受付OK