「永住者の配偶者等」の対象者は次のようになっています。

永住者等の配偶者又は永住者等の子として日本で出生しその後引き続き日本に在留している者

入管法別表第2の表「永住者の配偶者等」より

”永住者等”には永住者と特別永住者が含まれるため、「永住者の配偶者等」とは次の方が対象となります

  • 永住者および特別永住者の配偶者
  • 永住者および特別永住者の子で日本で出生し引き続き在留している者

※「子」とは、嫡出子のほか認知された非嫡出子も含まれるが、養子は含まれません。
※「嫡出子」とは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものこと。
※「非嫡出子」とは、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子どものこと。

用語の解説

さらに解説

ア.「配偶者」とは

現に婚姻関係にあることが必要です。相手方が死亡していたり、離婚している場合は該当しません。また、婚姻は法的に有効なものであることが必要で内縁関係や外国で有効に成立した同性婚は認められません。

また、法律上の婚姻関係が成立していても社会通念上の夫婦としての実体が伴っていることが求められます。つまり、同居し互いに協力しあっていることが重要であって別居している場合は合理的な理由が必要となります。

イ.「永住者等の子として」とは

子が出生した時に父 or 母のいずれか一方が永住者の場合、または本人の出生前に父が死亡し、かつ、その父が死亡のときに永住者だった場合がこれに当たります。

ウ.「日本で出生し」とは

日本で出生していることが必要です。なので、母が出産時に帰国し外国で出産した場合は該当しないこととなります。

1件から御対応承っております。ご連絡心よりお待ちしております。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝以外 ]

メールフォーム Please free to contact us.