再入国許可申請とは

日本に在留する外国人が一時的に外国に出国し、日本に再入国する際、あらかじめ取得しておく申請です。

日本政府の再入国許可を受けておけば、出国前と同じ在留資格のまま再入国することができます。 ただし、期限は、①在留許可の在留期限を超えず、かつ②5年を超えない範囲内となっています。 なお、2012年7月9日からは、有効な旅券及び在留カードを所持する外国人が、出国後1年以内に再入国する場合、原則として再入国許可を受ける必要がなくなりました(みなし再入国許可)。

▼標準処理期間

当日

再入国許可をとっておくメリット

本来、外国人が日本から出国してしまうと、もっていた在留許可も出国と同時に消滅します。 そして出国後、再び日本に戻ってこようとする場合、新たに査証(ビザ)をとらなければなりません。 新たに在留のために諸々の手続きを行うことは、時間もお金も要し非常に労力を伴います。しかも、以前と同じ在留資格が付与される保証はありません。 そのため、「再入国許可制度」を定め、出国前にあらかじめ再入国許可を得ていれば、再入国をしたときに出国前の在留資格および在留期間を行使することが出来ます。 ※出国中も在留期間は進行します。

1件から御対応承っております。ご依頼を心よりお待ちしております。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム Please free to contact us.