【研究】ビザ

「研究」ビザとは

「研究」ビザとは、科学技術等の研究分野の国際交流に対応し、日本の研究の発展を担う研究者を受けれるために設けられたものです。

活動の具体例・在留期間

「研究」ビザの具体的な活動は、日本の公私の機関との契約に基づいて行う研究に従事する活動が該当します。
例えば、政府関係機関の研究公務員に任用される者、私企業との契約に基づいて試験・調査・研究等を目的とする研究者など。
また、専ら研究を目的とする機関以外の機関であっても業務遂行のための基礎的・創造的な研究を行う活動も「研究」のビザに該当します。

 ただし、括弧書きにあるように、日本の大学やこれに準ずる機関・高等専門学校で研究を行う場合の活動は「教授」ビザに該当します。

  • 在留可能な期間
    5年,3年,1年又は3月

根拠法の解説

「研究」ビザで行うことができる活動は、入管法別表第1の2で以下のように定められています。

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う研究を行う業務に従事する活動(一の表の教授の項の下欄に掲げる活動を除く。)

必要書類

【研究】ビザで海外から呼ぶ場合

【研究】ビザに変更する場合

【研究】ビザを更新する場合

 

お気軽にお問い合わせください。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム こちらは24時間受付OK