「企業内転勤」 とは

「企業内転勤」ビザとは

「企業内転勤」ビザとは、企業の国際化に対応し、人事異動等による外国の事業所から日本の事業所に転勤する外国人を受け入れるために設けられたものです。

活動の具体例・在留期間

「企業内転勤」ビザは具体的には、外国の親会社・子会社・孫会社その他、関連会社にあたる事業所から期間を定めて派遣される転勤者の方が該当します。
あくまでも「技術・人文知識・国際業務」の活動であることが前提なので「自然科学の分野に属する技術又は知識」、「人文科学の分野に属する知識」又は「外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性」のいずれかの業務に従事する活動であることが必要となります。

分かり辛いところですが、例えば、外国でレストランチェーンを展開する企業で働くコックがいた場合、同企業が日本に同店舗を進出させても、そのコックを「企業内転勤」として日本に転勤させることはできないということです。

  • 在留可能な期間
    5年,3年,1年又は3月

根拠法の解説

「企業内転勤」ビザで行うことができる活動は、入管法別表第1の2で以下のように定められています。

本邦に本店,支店その他の事業所のある公私の機関の外国にある事業所の職員が本邦にある事業所に期間を定めて転勤して当該事業所において行うこの表の技術・人文知識・国際業務の項の下欄に掲げる活動

必要書類

【企業内転勤】ビザで海外から呼ぶ場合

【企業内転勤】ビザに変更する場合

【企業内転勤】ビザを更新する場合

 

お気軽にお問い合わせください。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム こちらは24時間受付OK