在留資格「日本人の配偶者等」とは

「日本人の配偶者等」ビザとは、日本人の配偶者、日本人の特別養子又は日本人の子として出生した者を受け入れるために設けられたものです。

 

在留資格「日本人の配偶者等」の具体例

「日本人の配偶者等」ビザの対象となるのは、平たくいうと日本人の配偶者・子・特別養子といった方が該当。詳細は以下のとおりです。

  1. 日本人の配偶者の身分を有する者
    「配偶者」とは、現に婚姻関係中の者をいい、相手方の配偶者が死亡したり、離婚したものは含まれません。
    また、婚姻は法的に有効であることを要し、内縁の配偶者は含まれません。
  2. 日本人の子として出生した者の身分を有する者
    ① 「日本人の子として出生した者」とは、日本人の実子をいい、嫡出子のほか、認知された嫡出でない子が含まれますが、養子は含まれません。
    ② 出生の時に父、または母のいずれか一方が日本国籍を有していた場合、また、本人の出生前に父が死亡し、かつ、その父が死亡のときに日本国籍を有していた場合も該当します。一方で、本人の出生後にその父、または母が日本国籍を取得しても、そのことにより当該外国人が「日本人の子として出生した者」にはなりません。
    ③ 本人の出生後父、または母が日本国籍を離脱した場合であっても、日本人の子として出生したという事実に影響は与えません。
    ④ 「日本人の子として出生した者」は、「日本で出生したこと」が要件ではないので、外国で出生した場合も含まれます。
  3. 日本人の特別養子の身分を有する者
    特別養子とは、法律上の特別養子の身分を有している者をいいます。

与えられる在留期限は5年、3年、1年又は3月のいずれかが付与されます。

在留資格「日本人の配偶者等」の活動範囲

「日本人の配偶者等」で行うことができる活動は入管法で以下のように定められています。

日本人の配偶者若しくは特別養子又は日本人の子として出生した者

入管法別表第2の表「日本人の配偶者等」より

用語の解説

 

在留資格「日本人の配偶者等」のポイント

 

お気軽にお問い合わせください。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム Please free to contact us.