韓国にまつわるお金の話〜物価・年収は?

本日6月29日、羽田空港と韓国のソウル便が2年3ヶ月ぶりに再開することになったそうですね。

羽田-ソウル便きょう再開「これは大統領案件だ」前のめり韓国の内幕:朝日デジタル

コロナ前の2018年の日韓の人の往来はなんと年間1,000万人を超えていたそうなので、今回の路線再開は両国にとって経済回復の大きな期待となりそうです。

そこで今回は知っているようであまり知らないおとなり韓国のお金の話。

brown wooden table with foods

通貨・物価額・大卒の初任給・平均年収といった広く情報を知ることで、日本と韓国のお金事情を比較できるでしょう。

韓国の通貨単位は、ウォン(KRW)となります。
日本円にすると、1ウォン=約0.1円ほどで推移しています。※6/29現在

なので、10万ウォン=1万円
ということで単純にゼロをとると日本円になる感じです。

ちなみに日本で両替すると、不利な為替レートになるため注意が必要です。
韓国に行く際には、最低限の金額を日本で両替し、あとは現地の両替所や銀行にて両替することをおすすめします。

韓国の物価はどれくらい?

これは韓国に限った話でじゃありませんが、国際原油価格と穀物価格の上昇に伴い物価が高騰しています。
(日本でも物価高騰のニュースが連日報じられていますね)

しかし、少し前までは韓国は「日本に比べて物価が安い」といわれていました。
日本人観光客が韓国で化粧品を買いだめすることはよく聞いた話。

それが今では家賃や光熱費をはじめとする生活費から食料品・交通費・サービス利用料全てが高くなっているため、韓国によく旅行していた方は同じ金銭感覚だと若干戸惑うかも。

<出典>世界経済のネタ帳

この表は1980〜2022年までの消費者物価指数の推移。
この表からも着実に物価が高くなっていることがわかりますね。

「韓国旅行は物価が下がったタイミングで・・・」
そう考えたとしても、それは難しそうです。

韓国の大卒初任給は高い?

次は韓国の大卒初任給について。

2020年の大卒新入社員の初任給の平均年収は3,669万ウォン(日本円で約384万円)。

前年と比べると149万ウォン上がっています。
日本と比べると、大企業の大卒初任給水準は韓国のほうが高いといわれています。

ですが、これはあくまで“大企業”の大卒初任給のお話。

学力社会で有名な韓国は、中小企業との賃金格差が非常に広がって拍車が掛かってきています。

ただし、ソウル大学(Seoul National University)、高麗大学校(コリョ大学 Korea University)、延世大学校(ヨンセだいがっこう、Yonsei University)などといった有名大学出身であっても就職率は70%未満と低い水準。

大企業に就職したいと必死になりますが、就職が叶っても社内競争は激しいもの。

結果的に長続きせず、退社を余儀なくされる若者も多いのが現状です。
雇用のミスマッチに、賃金格差の深刻化。
“韓国の大卒初任給は高い“

背景にある実情を考えると、一概にそうとは言いきれません。

韓国の平均年収は?

韓国国税庁によると、韓国人の平均年収は580万円程度というデータ。

一方、World Data.infoによると韓国の平均年収は日本円にして330万円。

といっても、これらはいずれも平均値なので一般的な値とは全く異なる点に注意です。

現代経済研究院調査で発表された内容によると、中位所得は約220万円という結果であり、こちらの値がマス層(いわゆる一番多いグループ)となります。

よって年収300万円オーバーは、多くの韓国人にとっては最初の理想年収ということが読み取れます。
(日本でいうと大体500万円ぐらいでしょうか)

韓国での500万円台の年収は一部の上位層の年収といえます。
さらに上位層の年収は上がっても、中位層以下の所得の上昇はあまり期待できなさそう。
近年の物価高騰をふまえると、普段の暮らしにおいても、厳しさを強いられる人が多いのではないでしょうか。

adult architecture bar buildings

まとめ

改めて記事の内容をおさらいしておきます。

  1. 韓国通貨を日本で両替すると、不利な為替レートになる可能性が高い
  2. ここ数年で物価は上昇。しばらくの間は下降が期待できないので旅行行くなら行ける時に!
  3. 有名大学を卒業し、大企業に就職が叶えば、初任給は高い
  4. 一般的な平均年収は200万円前後

今回はおとなり韓国について知っておきたい、お金にまつわる情報をご案内しました^^

1件から御対応承っております。ご連絡心よりお待ちしております。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝以外 ]

メールフォーム Please free to contact us.

ビザ関連情報をお届けします

About the author

K.OCHIAI
K.OCHIAIImmigration lawyer・行政書士
前職は金融系。ビザと金融に関する知識は圧倒的。平日は夜9時には就寝。