在留カードのチェックポイント

外国人を正社員・アルバイト・パートといった形で雇用する際、まずは必ず本人の在留カードを確認しなければなりません。

おもて
うら

確認といっても、重要なポイントは3つ。

シンプルです。

1.在留カードが有効かどうかチェック

まずは在留カードが有効かどうかを入管HPで調べます。
在留カード番号照会ページはこちら

赤枠の数値を入力するだけ

問題なければ“失効していません。”と出ます。

ただ、このポイントは正直、後回しでも良いかもしれません。
ほとんど大丈夫だし、疑うみたいであまり気が進まない作業です。
それよりも次の2点が大事です。

2.「就労制限の有無」の欄をチェック

この場合「就労制限の有無 就労不可」と記載

記載内容は4パターンあります。

  1. 「就労不可」
  2. 「在留資格に基づく就労活動のみ可」
  3. 「指定書により指定された就労活動のみ可」
  4. 「就労制限なし」

先にbcdを簡単に説明します。

b「在留資格に基づく就労活動のみ可」の場合
就労は可能ですが、在留資格ごとに定められた業務しかできません。
たとえば、「技術・人文知識・国際業務」という在留資格では、レストランの厨房で働くことはできません。

c「指定書により指定された就労活動のみ可」の場合
あまりないケースですが、この場合は本人が「指定書」(法務大臣が個々に指定した活動などが記載された文書)を持っているか、パスポートに添付してある内容を確認した上で雇用する必要があります。

d「就労制限なし」の場合
文字通り就労の制限がないため、どんな業種でも日本人と同じように雇用することが可能です。

a「就労不可」の場合
留学生はもれなくこの内容になっているので、原則的には就労することが出来ません。

ただし、在留カードのうらの内容次第で雇用OKになります。

3.在留カードのうらをチェック

在留カードの裏には「資格外活動許可欄」というものがあります。

この欄に

許可:原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く

という記載があれば、週28時間以内の就労が認められています。

また、

許可:資格外活動許可書に記載された範囲内の活動

という記載の場合もありますが、こちらも限定された範囲内での就労が認められていることとなります。

 

何も記載がなければ原則の通り就労できないので雇用も不可です。

 

ご依頼の流れ ≫

料金とお支払方法 ≫

 

ビザ関連情報をお届けします。
よかったらいいね /フォロー をお願いします。

Follow me!

About the author

SHINGO ITO
SHINGO ITO
・Certified Administrative Procedures Specialist(行政書士)
・Immigration lawyer(入国管理局申請取次届出)
・Certified Skilled Worker of Financial Planning(2級FP技能士)
・Personal Information Protection Professional(個人情報保護士)
IT業界で10年間コーディネーターとして幅広く業務を担当。
2016年これまでに得た経験を活かすため行政書士に転身。
その後1年間の下積みを経て行政書士伊藤真吾事務所を開設。
趣味は、深夜の一人映画館と断捨離とバイク。家は小遣い制。
【Affiliation】
日本行政書士会連合会 登録番号 第16081519号
東京都行政書士会   会員番号 第11086号
【Other qualifications】
調理師免許
大型自動車免許
中型自動二輪免許