【技術・人文知識・国際業務】ビザ

「技術・人文知識・国際業務」ビザとは

「技術・人文知識・国際業務」ビザとは、日本の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学(理科系)・人文科学(文系)の分野の専門的技術若しくは知識を必要とする業務に従事する外国人又は外国人特有の感性を必要とする業務に従事する外国人を受け入れるために設けられたものです。

活動の具体例・在留期間

「技術・人文知識・国際業務」ビザで行える活動の具体例は以下のとおりです。

  1. 機械工学等のシステムエンジニア、技術開発・設計者など理学、工学、その他の自然科学分野の技術に関する業務を行う方
  2. 企画、財務、マーケティング業務、営業、通訳・翻訳、語学学校の講師、海外取引業務、服飾やインテリアデザイナーなど人文科学の分野に関する業務を行う方
  • 在留可能な期間
    5年,3年,1年又は3月

根拠法の解説

「技術・人文知識・国際業務」ビザで行うことができる活動は、入管法別表第1の2で以下のように定められています。

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う理学,工学その他の自然科学の分野若しくは法律学,経済学,社会学その他の人文科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動(一の表の教授の項,芸術の項及び報道の項の下欄に掲げる活動並びにこの表の経営・管理の項から教育の項まで,企業内転勤の項及び興行の項の下欄に掲げる活動を除く。)

必要書類

【技術・人文知識・国際業務】ビザで海外から呼ぶ場合

【技術・人文知識・国際業務】ビザに変更する場合

【技術・人文知識・国際業務】ビザを更新する場合

 

お気軽にお問い合わせください。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム こちらは24時間受付OK