「特定活動」ざっくり解説 vol.25

今回は「特定活動」についてざっくりと解説。

「特定活動」とは

「特定活動」とは、一言でいうと他の在留資格には分類できない特定の活動を行う外国人に与えられる在留資格です。

まあ、考えてみれば人が行う活動をすべて枠に入れて分類できる程、人の行動は単純じゃないですから。

ということで、他には分類できない活動をひとまとめにしているのがこの「特定活動」です。

「特定活動」の種類

では、そんな「特定活動」に該当する活動は何種類ぐらいあるかというと、

ざっくり48種類です。

告示 略称
1号 家事使用人(外交・公用)
2号 家事使用人(家庭事情型)
2号の2 家事使用人(入国帯同型)
3号 台湾日本関係協会職員、その家族
4号 駐日パレスチナ総代表部の職員、その家族
5号 ワーキングホリデー(台湾以外)
5号の2 ワーキングホリデー(台湾)
6号 アマチュアスポーツ選手
7号 アマチュアスポーツ選手の家族
8号 国際仲裁代理
9号 インターンシップ(就労)
10号 英国人ボランティア
11号 削除
12号 サマージョブ
13号 削除
14号 削除
15号 国際文化交流
16号 EPAインドネシア看護師候補者
17号 EPAインドネシア介護福祉士候補者
18号 EPAインドネシア看護師の家族
19号 EPAインドネシア介護福祉士の家族
20号 EPAフィリピン看護師候補者
21号 EPAフィリピン就労介護福祉士候補者
22号 EPAフィリピン就学介護福祉士候補者
23号 EPAフィリピン看護師の家族
24号 EPAフィリピン介護福祉士の家族
25号 医療滞在
26号 医療滞在の同伴者
27号 EPAベトナム看護師候補者
28号 EPAベトナム就労介護福祉士候補者
29号 EPAベトナム就学介護福祉士候補者
30号 EPAベトナム看護師の家族
31号 EPAベトナム介護福祉士の家族
32号 外国人建設就労者
33号 高度専門職外国人の就労する配偶者
34号 高度専門職外国人またはその配偶者の親
35号 外国人造船就労者
36号 特定研究活動
37号 特定情報処理活動
38号 特定研究等活動等家族滞在活動
39号 特定研究等活動等の親
40号 観光、保養等を目的とする長期滞在者(ロングスティ)
41号 観光等目的長期滞在者に同行する配偶者
42号 製造業外国従業員受入事業における特定外国従業員
43号 日系4世
44号 外国人起業活動管理支援計画の確認を受けた者
45号 44号該当者の配偶者または子
46号 日本の大学卒業者が日本語を用いた円滑な意思疎通を要する幅広い業務に従事する活動
47号 46号該当者の配偶者または子
48号 東京オリンピック及び東京パラリンピックの関係者であって、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が適当と認める者
49号 48号該当者の配偶者または子

ホント色々ありますね。

無論、数字が大きいほど新しくできた「特定活動」となりますが、
中には、既に削除されていたり、東京オリンピック関連の期間限定のものがあったりと、その時の社会要請に応じるため柔軟な運用がなされている在留資格ともいえます。

そうしてある定程度運用されて、必要性の高い活動だと認められると晴れて固有の在留資格に格上げされることもあります。

ちなみに、上記ナンバリングされている1~49号までの「特定活動」は公式に告示されて認められている在留資格になりますが、「特定活動」には非公式だけど慣例で認められている告示外の「特定活動」もあったりします。

レアキャラ的な存在ですが、こちらにも1~28号まであり例外的な活動が並んでいます。

告示外の「特定活動」

最後に告示外の「特定活動」の中でも代表的なものを一部紹介して終わります。

  • 出国準備のための活動
  • 人身取引等の被害者の在留活動
  • 老親・連れ親の在留活動
  • 連れ子

などなど。

というところで、「特定活動」のざっくり解説はこのぐらいにします。

その他、ポイントや必要書類の解説はコチラ  
次は「永住者」の在留資格をご紹介します。

最期までお読みいただきありがとうございました。
また次回もよろしくお願い致します。

 

1件から御対応承っております。ご連絡を心よりお待ちしております。03-6450-3286受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム Please free to contact us.

ビザ関連情報をお届けします。
よかったらいいね /フォロー をお願いします。

ビザ関連情報をお届けします

About the author

SHINGO ITO
SHINGO ITO
・Certified Administrative Procedures Specialist(行政書士)
・Immigration lawyer(入国管理局申請取次届出)
・Certified Skilled Worker of Financial Planning(2級FP技能士)
・Personal Information Protection Professional(個人情報保護士)
IT業界で10年間コーディネーターとして幅広く業務を担当。
2016年これまでに得た経験を活かすため行政書士に転身。
その後1年間の下積みを経て行政書士伊藤真吾事務所を開設。
趣味は、深夜の一人映画館と断捨離とバイク。家は小遣い制。
【Affiliation】
日本行政書士会連合会 登録番号 第16081519号
東京都行政書士会   会員番号 第11086号
【Other qualifications】
調理師免許
大型自動車免許
中型自動二輪免許